一般社団法人フォレストック協会

フォレストック認定制度について

はじめに

日本の森林は約2500万ha(内、約4割が人工林)です。国土面積に占める森林割合は約7割(世界平均は約3割)と、世界有数の森林大国なのですが、木材の自給率は約2割、林業就業者数は約6万人と約0.09%に過ぎません。

かつて日本においては、戦中戦後に大規模な森林伐採が行われたため1940年代から1960年代前後にかけて大規模かつ積極的な造林が行われました。

一方で、1950年代に段階的に実施された木材の輸入自由化や円高等により国産木材の需要と価格は大幅に低下し、日本の林業の採算性が大幅に悪化しました。その結果、森林整備のための補助金等の制度や森林所有者、林業経営者、森林組合、NPO、ボランティア、政府地方自治体、民間企業のCSR活動等による資金援助等々、多くの人や組織の努力にもかかわらず、間伐等の手入れや伐採後の再造林を放棄するなど荒廃する森林が増加しています。

そのため、日本の森林が本来有しており、直接または間接的に日本の全ての人々の生命や生活に欠かせない下記のような多面的で公的な機能が低下し、充分に発揮できない状況が進んでいます。

  1. 水源涵養(かんよう)機能「緑のダム」:農業用水、工業用水、生活用水の源
  2. 災害防止機能:土砂災害防止、土壌保全
  3. 地球環境保全機能:二酸化炭素吸収による地球温暖化防止、循環資源としての木材産出
  4. 生物多様性の保全機能

これらの森林の機能の中でも災害防止機能や水源涵養機能については、国民からの期待や要求が大きく、特に最近の地球温暖化や環境破壊等による地球規模の気候変動や、局地的な集中豪雨や干ばつ等による災害や被害が多発している中、今まで以上に森林の整備や保全がとても重要な課題となっています。

また、地球規模の環境破壊が進む中、今まさに強く求められている生物多様性の保全や生態系維持、CO2吸収量の吸収源としての機能や木質バイオマス活用によるCO2排出量削減等の、木材生産以外の多くの機能を発揮することが日本の森林に求められています。

これらの健全で適切に管理された森林が本質的に持つ多くの機能は、昔から我々全員が通常生活においてそのメリットを享受していることを特段意識しないものであり、また直接的な金銭的負担をすることなく享受してきました。

日本の森林は、今岐路に立たされています。

森林機能を維持していくためには、間伐等森林整備の推進を可及的速やかに行う必要があるのです。持続的な森林整備(間伐、枝打ち、下刈り等)は、前述の森林機能の水源涵養機能を強化維持し、災害防止機能を強化維持し、さらには地球温暖化の要因となっているCO2吸収量を増やし、また、森林や里山の生物多様性の保全に繋がります。

そのため、森林が有する森林吸収源としての機能や生物多様性保全の機能を価値化して、それらをCO2クレジットとして、企業や国民の皆様方に購入利用頂き地球温暖化防止に貢献頂きつつ、それらの販売収益を林業従事者経由にて森林に森林整備として返していくことが必要なのです。 これらの取り組みにより、森林機能が改善回復していくだけではなく、森林管理者の意欲や雇用の拡大、山村や地域の活性化につながり、日本の美しい森林と生態系を守っていくことにつながっていきます。

当協会は、フォレストック認定制度の運営管理を通じて、企業や個人が日本の森林や環境保全の担い手として参加可能な仕組みを提供し、森林整備保全の推進をサポートすることで、日本の森林が有する水源涵養機能、災害防止機能、森林吸収源としての機能、生物多様性保全機能の維持拡大と、日本の森を通じて地球温暖化防止と地球規模の生物多様性保全に取組んでいきます。