一般社団法人フォレストック協会

導入事例

ポッカサッポロフード&ビバレッジ株式会社様

森を守る自販機

プログラムの概要

「森を守る自販機」プログラムはポッカサッポロフード&ビバレッジ株式会社様(本社:愛知県名古屋市中区)のご協力により、この自動販売機をご設置頂いている先様により、売上げの一部が、一般社団法人フォレストック協会を通して、対象となる森林の保全に充てられる仕組みです。

対象となる森林は、設置先様のご意向により選ばれますが、通常、その設置場所の地域の森林となります。(一部、東北地方の森林の支援に充てられる場合もございます)。支援される森林の面積は、地域により異なりますが、ご購入一本あたりにつき、およそ1~4㎡、1年間の森林保全が支援されます。これはおおよそ、1台の自動販売機が設置され、運用されるのに必要な面積になります。

皆様の日々の生活でのご選択が、地域の森を元気にし、安全で美味しい水を生み出します。「森を守る自販機」を、できるだけご利用頂きますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。

自販機
(自販機のデザインは変更となる場合があります。)

なお、この「森を守る自販機」を2012年12月13日から15日にかけて開催されました、国内最大の環境展示会「エコプロダクツ2012」におきまして、弊協会ブース内にデモ展示いたしました。

デモ展示

設置先様一覧(ご導入順)

関連ニュース

2013/02/04
カンパニータンク』 2013年2月号(国際情報マネジメント有限会社 発行)に掲載されました
第14回日本最大級の環境展示会 エコプロダクツ2012
2013/01/15
【イベントレポート】エコプロダクツ展を追加しました。