【森からの便り】2013年 春

 ヒサカキ

ヒサカキ
宮川地区の山林に自生していたヒサカキです。気温も暖かくなってきており花が咲き始めていました。サカキの代わりに使われることもあるそうです。


 あまご

あまご1
宮川地域の管理人さんが養殖を行っているあまごです。清流宮川の水を活かして養殖を行っています。このあまごは10cm程あります。


あまご2
こちらのあまごは15cm程あります。見た目はやまめに似ていますが、見分け方としてあまごには身体の側面に朱点があるそうです。因みにあまごは海へ下っていくとサツキマスとなるそうです。


 間伐

間伐現場
平成24年度に実施した間伐現場です。大分伐採したのですっきりしました。木と木の間隔が広がり、林内も光が入り明るくなったので、樹木の生長とともに下層植物も生育してくれると思われます。


間伐対象地の踏査
森林経営計画の間伐計画の対象地の踏査を行いました。搬出間伐か切捨て間伐か判断するために山の中を実際に見て回りました。現在使用されていない作業道には、低木等が生茂っており、前に進むだけでも大変でした。また、ダニも多くいるので注意が必要です。


 熊ヶ池

熊ヶ池1
飯高町にある熊ヶ池にも春がきました。


熊ヶ池2
熊ヶ池は香肌峡県立自然公園内にあり、ジュンサイや水ゴケなどが自生する湿地です。


熊ヶ池3熊ヶ池4
岐阜県高鷲村よりミズバショウを譲受け、試験栽培を行っています。
写真は残念ながら花が散った後のミズバショウです。



 飯高の山々

飯高の山々1
飯高町の山の風景です。この日は天気も良く遠くの山々まで見る事ができました。


飯高の山々2
飯高の山は急峻な山が多く、林内に入り調査や作業で歩くだけでも一苦労します。また、作業路や林道など開設するのも大変です。


田んぼ
田んぼの水面に山と青空が写り、綺麗だったので撮影しました。この地域は、水が綺麗なので美味しいお米が取れるそうです。



材惣の森 ページに戻る