【森からの便り】2011年 夏・秋

 文化財の森

大台町の柚木谷林
大台町の柚木谷林です。
現在150年程の杉、桧林です。

文化財の森の指定看板
吉田本家山林の柚木谷林は、文化庁の「ふるさと文化財の森」の指定を受けています。 また文化遺産を未来につなぐ森づくりの為の有識者会議の「文化材の森」の指定も受けており、この林では300年を目標としています。
左の写真は、文化財の森の指定看板です。

井戸ヶ谷山林
紀北町海山区の井戸ヶ谷山林間伐直後の様子です。
光が指し込んで林内が明るくなっています。


 森林整備の作業

朝ミーティング
毎朝、作業現場に向かう前に朝ミーティングを行い、作業の段取りや安全について確認します。


集材作業
大紀町南八ヶ河内山林、間伐材の集材中の写真です。
4tクラスの4WDトラックとグラップル付バックホウを使用しています。


境界印
山林の境界にはこのようにペンキを巻いて屋号を書きます。

 豪雨災害

豪雨災害
大紀町南八ヶ河内山林です。
今年9月の紀伊半島豪雨により道に土砂が流れ込みました。重機2台で復旧作業を行っています。

 鹿肉ジンギスカン

鹿肉ジンギスカン
慶應義塾志木高等学校の森林・林業体験学習ツアーで食べた鹿肉のジンギスカンです。
ここ20年ほどの間、鹿が急増し、苗木や立木への被害が甚大になっています。
獲った鹿をジンギスカン風に調理し、七輪で焼いて食べました。


 瀧原宮御祭

瀧原宮御祭
2011年10月23日。地元瀧原宮の御祭にて。
野後連による奉納神輿です。


吉田本家山林ページに戻る