TOMOEGAWA社有林
~ 熊野の神々が宿る紀伊山地の森 ~

森林の概要

森林所在地:
和歌山県新宮市、三重県熊野市、奈良県十津川村、
奈良県下北山村、高知県安芸市、高知県黒潮町
森林所有者:
株式会社巴川製紙所
認定対象面積:
3,411.65ha

森林の概要

株式会社巴川製紙所の山林所有は1947年の第二次世界大戦の終戦直後に約1.2 万坪(約3.93ha)を和歌山県新宮市に取得したことにより始まります。 その目的は当時わが国の送電線に用いる絶縁紙のトップメーカーとして、戦中戦後より、その原料素材として好適な長繊維のパルプを得ることが出来るアカマツの資源を確保することにありました。
その後、戦後復興に伴うパルプ材や木材需要の増大から、経営を圧迫する原木価格の高騰と森林資源の持続的供給問題を解決するため、 1951年に本社山林部を設置し長期的な視点にたった山林経営が推進されることとなりました。 当時は国の政策によるパルプ使用量に応じた植栽の義務付けもあり、順次取得山林を増大させ、マツを主とした造林が行われました。
1954年には約1,800haの保有に至り、その後マツクイムシ被害の発生や広葉樹パルプへの需要移行からマツの造林地は減少し、 1970年前後からのスギやヒノキの拡大造林期を経てからは、スギ・ヒノキの人工林経営と広葉樹天然林の再生林の保全管理が主体となっています。
現在は和歌山県新宮市に新宮山林事務所を構え、常駐の森林経営を担う役職員を配属し、広域にわたる森林の維持管理に当たっています。

近年においては、2004年7月にユネスコの世界遺産として紀伊山地の霊場と参詣道の熊野古道、大峯奥駈道(おおみねおくかけみち)、小辺路(こへち)が指定され、 所有山林の一部である篠尾山(ささびやま)や七色山(なないろやま)がこれに含まれたことから、 前後して景観保全にも一層の配慮が求められ、その維持管理にも協力しています。 さらには維持管理コストの厳しい中、社のCSR として、森林の持つ水土保全や保健休養等の公益的機能や生物多様性の保全や地球温暖化防止になる炭素吸 収・貯留機能にも着目しています。このため、人工林の間伐を推進し、林分構成の多様化に努め、大規模な主伐を行わない等、環境保全を重視した森林経営を行っています。

株式会社巴川製紙所は、国内に43ヶ山の社有林を所有しています。
このうち、和歌山県新宮市、三重県熊野市、奈良県十津川村、奈良県下北山村、高知県安芸市、高知県黒潮町の地域に所在する42ヶ山の森林合計3,412.43haをフォレストック認定の対象としました。 スギ、ヒノキの人工林1,552.98ha で全体の約46%を占め、シイ・カシ等の照葉樹を主とする天然林が1,402.89haで全体の約41%を占めています。 このほかスギ、ヒノキ、マツ、モミ・ツガの天然林が全体の約6%、岩石地(崖等)が約8%を占め、天然林と人工林の面積はそれぞれ約46%で半々となっています。

CO2吸収量クレジットの算定量

 10,851t-CO2(5年度 確定)
 10,851t-CO2(4年度 確定)
 10,851t-CO2(3年度 確定)
 10,862t-CO2(2年度 確定)
  7,857t-CO2(初年度 確定)

概要説明

フォレストック認定の森林吸収量算定対象とする樹種は人工林で施業履歴があり適用可能な収穫予想表があるスギ及びヒノキ人工林を対象とした。
算定に利用する森林資源データは森林施業計画の認定を受けた平成23年4月1日時点の森林簿情報により、フォレストック認定の対象面積のうちスギ人工林、ヒノキ人工林は全体で1,552.98haである。

生物多様性の評価

TOMOEGAWA社有林が位置する和歌山県、三重県、奈良県の紀伊半島地域と高知県に大きく分かれるため、それぞれの地域における植生の特性を記載し、評価した。
紀伊半島地域は、暖温帯性の植物が主体となっている。 また、高温多湿な環境を好むシダ植物の出現頻度が高く、総出現種数に占める割合が16%強であること、ハスノハカズラ、シタキソウ、カギカズラなどの蔓植物が目立つことなどが大きな特徴である。
鳥類も多種確認できた。林内では七色山ではオオルリのさえずりも聞かれた。ミソサザイやメジロなども多く、蔵光山では希少猛禽類のクマタカの飛翔も見られた。
高知県地域の山林は暖温帯にあたり、紀伊半島から四国、九州の一部までに一定した植物区である。6調査区で130種の植物が確認された。 鳥類の種類は、オオルリやサンコウチョウの鳴き声も聞かれた。TOMOEGAWA社有林の分布地域が渓谷から岩稜、尾根部まで多様な地形で構成され、 林縁や河川、人工林、天然林と林分構成も多様であることから、多種多様な鳥類が生息していることが推定される。

写真・地図

写真


  • 篠尾山の天然林と壮齢のスギ人工林

  • カツラの巨木

  • 世界遺産 熊野古道

  • 三重県熊野市楊枝川山のスギ人工林

  • 三重県熊野市蔵光山の広葉樹天然林

  • 樹冠の競合状態が緩和されたスギ林

  • 林床に繁茂するウラジロ

  • 大型の蔓植物、シタキソウ

  • 林床を這うように繁茂するハスノハカズラ

  • 高知県安芸市のスギ林の土壌断面

森林位置図

認定期間

 2011.9.29 ~ 2016.9.28

関連ニュース

2011/10/02
『静岡新聞』に掲載されました
”TOMOEGAWA フォレストック認定”[25面]

認定一覧表に戻る