【森からの便り】2014年 夏・秋

 市民参加の新たな森林づくり

市民参加の新たな森林づくり
当森林では春と秋に植樹祭を行っています。 こちらの秋の植樹祭では市民の方々と米川小学校の全生徒で植林活動を行います。

植林作業
小学校低学年の生徒たちはコナラ・くぬぎのドングリまきを体験します。 高学年の生徒たちは午前中にヤマザクラを1人5本程植樹しました。

植樹体験
お昼は小学校に戻って、米川生産森林組合よりまいたけ汁が振る舞われました。 学校では組合職員指導のもと木工教室が開かれ、マガジンラックを作成し、環境教育の一環でエコ戦隊ショーを鑑賞しました。

 森林学習

森林学習
秋の植樹祭でまいたドングリの種がどんなに大きくなっているかを観察するため、 米川小学校の3年生が5月に生育調査をしに森林にやってきた際の記念撮影です。

 東和まいたけ 森の精

森の精
東和まいたけ、森の精は菌袋を山の林地の木陰に伏せ込み、 覆土し木の葉をかけ自然発生を待ってから収穫するという全くの自然環境で栽培した自慢のまいたけです。 朝夕の寒暖差が一層の香りと歯ざわりを堪能できるまいたけを育みます。 自然発生での栽培ということもあり、毎年収穫の時期が異なりますが、地方発送も受け付けていますので、是非一度ご賞味下さい!

 まいたけ伏せこみ作業体験

まいたけ伏せこみ作業体験
地元の小学生(5-6年生)で結成された「緑の少年団」によるまいたけ伏せ込み作業の際の記念写真です。
森林愛護や森林体験を通し、自然保護や林業について学ぶ活動が学校授業の一環として行われています。 森林組合員の指導のもとみんなでまいたけの菌を伏せ込みました。ぐんぐん大きくなって秋にはたくさん収穫できますように!

 下刈体験

下刈体験
県内外一般の方を募集し、春に植林をしたヤマザクラの苗木の下刈り体験イベントを行いました。 午前中に下刈り体験で一汗かき、その後はお昼ごはん用の山菜を取りました。 森林で体を動かした後に食べる、採れたての山菜てんぷらは本当においしいんです! 10年以上続く人気行事のひとつで、今回も約60人の方々が参加してくださいました。

 まいたけ収穫・販売体験

晴れるときれい
「緑の少年団」が春に伏せこんだまいたけがこんなに立派に成長しました! 朝に収穫し、きれいにパックに詰めます。

雪を固めて
「いらっしゃいませ~美味しいまいたけ、いかがですか~?」 30分ほどで完売しました。 販売の経験を通して森での仕事を次の世代に伝えていける、大切な学びの機会になりました。

 舞茸狩り

舞茸狩り1
9月下旬に組合林の林床を活用した自然栽培のまいたけ狩りを開催しました。
県内外の一般の方々が大勢参加してくださいました。毎年リピーターの多い、大人気のイベントです。

舞茸狩り2
お昼には地元公民館でまいたけ汁、てんぷらが振る舞われました。 参加者の方々には森の空気と秋の味覚に胸とお腹もいっぱいになって帰って頂けたかな? また是非来年もお待ちしています!

 林業女子会

林業女子会
昨年度から実施している林業女子会にてパチリ。
地元で林業に興味がある女性が集まり、植林体験、山菜狩り、枝打ち体験の経験を通して林業を学んでいく女子会です。 まだまだ参加人数は10人程度と少ないものの、震災復興のボランティアで隣町に来られていたという方や 岩手大学・林学科の女子大生など参加者はバラエティに富んでいます。
2014年12月はチェーンソーの取扱いを学びました。





登米市の森林ページに戻る