【森からの便り】2014年 冬・春

 コブシ

コブシ 千昌夫の『北国の春』の歌詞に出てくる『コブシ』が4月下旬ようやく咲きました。この花が咲いてようやく北国に春が到来します。ちなみに北海道ではサクラの開花はGW終盤くらいです。


 フクジュソウ

フクジュソウ
これも春の訪れとともに咲く花。なぜかレッドデータリストに絶滅危急種として指定されていましたが、認定山林どころか浦幌町内のいたるところで見かける花です。

 鳥獣保護区

鳥獣保護区
認定森林の一部は北海道より鳥獣保護区として指定されており、鳥獣の保護に努めております。


 カラマツ苗木

カラマツ苗木
今年も植林の時期になりました。ここ数年、天候不良や種の採取量が少なく北海道全域においてカラマツの苗木不足が問題になっています。写真に写っているものは全部で9100本の苗木。カラマツは今年15000本植えました。

 カラマツ植栽

カラマツ植栽
元気に育ってくれることを祈っています。

 トドマツ苗木

トドマツ苗木
トドマツの苗木です。今年は全部で48000本植えました。

 トドマツ植栽

トドマツ植栽
写真のように等間隔に植えていきます。この場所は2m間隔で植えています。

 タンチョウヅル

タンチョウヅル
認定森林前の牧草畑に丹頂鶴を発見。数年前にもこの近くで親子連れを見たので、この近くに住みついているのかも?

 キタキツネ

キタキツネ
浦幌にある留真温泉と言う温泉施設に行ったところキタキツネが昼寝をしていました。撮影しようと近寄ったら起きてしまいました。。。

 クマ

クマ
認定森林に向かう途中、デントコーン畑に何やらうごめく物体があり車を止めて観察しているとクマが二頭立ち上がってこっちを見ていました。放っておくと畑や民家への被害があるため、近くの鉄砲撃ちに連絡して駆除してもらいました。『殺すのはかわいそう。。。』という声もありますが、畑や乳牛への被害、近隣住民の安全も考えると、野生動物との共存への道は課題が山積みです。

クマのツメ
駆除したクマは二頭とも推定2歳のオスのヒグマ。親離れしてすぐらしいのですが、こんなに立派な爪が!これじゃぁ山の中で襲われたら大変ですね。。。


飛田森林ページに戻る