【森からの便り】2012年 夏・秋

 冬のカラマツ

クルマユリ カラマツ林の中でよく見かける鮮やかなオレンジの花、クルマユリです。北海道ではレッドデータ(絶滅危惧)指定はないのですが、本州のいくつかの県では指定を受けているようです。


 松かさ

松かさ
カラマツの松かさ(松ぼっくり)です。ある程度歳をとっている木は、自分が死にそうだ(枯れそうだ)と判断すると沢山松かさをつけるのだとか。写真の木はまだそれほど歳とっていないので大丈夫のようです。

 紅葉

紅葉1
短い北海道の秋が終盤に差し掛かってきました。いつも見慣れている風景も一味違って見えてきます。


紅葉2
今年は北海道らしくない天候で、8月終盤に暑く(30℃超)なり紅葉がイマイチ。なかなか絵になる写真が撮れませんでした。

 地拵え

地拵え
昨年伐採した場所を来春植林するための下準備(地ごしらえ)をしています。この場所は傾斜がきつく、重機による作業ができないため、人の手で残った枝を集めています。

 初霜

初霜
11月に入りだんだん寒くなり、とうとう霜が降り始めました。12月になれば一面銀世界になります。




飛田森林ページに戻る