【森からの便り】2013年 夏・秋

 次代に引き継ぐ
これまでにもいくつかご紹介しましたが、住田町では、地域の生活・文化などを支えてくれた豊かな森林資源や、それらを活かした林業・木材産業について多くの住民、特にも子どもたちに伝えていくため、森林環境学習に積極的に取り組んでいます。
特に今年度は、老朽化した庁舎にかわる木造の新庁舎を建設しており関心が高まっていることから、この機会に皆さんに一層木材に親しみ、林業・木材産業を理解してもらいたいと考え、町有林の伐採現場の見学や町内イベントでの丸太磨きなど例年に増して様々な取組を行ったので、今回はそれらの様子を中心にご紹介します。


ジャパン・クッブ・オープン2013 in 住田

ジャパン・クッブ・オープン2013 in 住田1
今年もクッブ大会を開催しました!クッブはスウェーデンで生まれた「木を使った的当てゲーム」のようなもので、子どもから高齢者まで誰でも参加できます。使用する道具がすべて木製という、住田町にぴったりのスポーツ!

ジャパン・クッブ・オープン2013 in 住田2

2016年に開催される岩手国体において “デモンストレーションスポーツ”として指定されており、今年も町内外からたくさんの方に参加して頂きました。スポーツを楽しみながら、木の肌触りと、当たった時の音で木材に親しんでもらえたら嬉しいです。


林業見学

林業見学1
地域の基幹産業といっても、普段なかなか見る機会が少ない林業現場の見学です。山の中で大きな高性能林業機械が活躍していることには小・中学生も高校生も驚いた様子。


林業見学

建築用材や紙だけでなく、エネルギー資源としての林地残材の活用についても学び、林業がもつ幅広い可能性に魅力を感じてくれたようです。


住田町産業まつり&気仙スギまつり

住田町産業まつり&気仙スギまつり1
毎年恒例の町の産業まつりです。 今年は気仙スギまつりも同時開催なので、屋台だけでなく高性能林業機械の展示や木工体験など、林業関係も盛り上がりました。


住田町産業まつり&気仙スギまつり2

今年は新庁舎のシンボルになる大きなスギ丸太を、来場者の皆さんに磨いて頂きました。  新庁舎に行くたびに、家族や友達と磨いたことを思い出していただけると嬉しいですね。


木工体験では、子供たちだけでなく大人も夢中になっていました。
森の幼稚園町有林


地域の歴史を知ろう~製鉄体験~

製鉄体験1

住田町内には、明治から大正にかけて、民営製鉄所として全国でも有数の生産高を誇った「栗木鉄山」がありました。豊かな山林から得られた資源(鉄・炭)を活用し、多くの住民を支えた産業があったということを子どもたちに知ってもらう機会として、昨年度から町内の小学校で製鉄体験を行っています。


製鉄体験2

さらに、その様子を自分たちで取材し、町内のテレビで放送することで、故郷に誇りを持ち、自分たちも地域の一員であることを感じてもらいたいと思って取り組んでいます。




住田町の森林 ページに戻る