【森からの便り】2012年 夏・秋

森林資源を有効活用するために
西粟倉村で増えつつある施業のひとつ、搬出間伐。本村の搬出間伐は、保育と同じ考え方で劣勢木を間伐します。そして、その時に発生する間伐材を少しでも多く搬出し、販売していくというものです。
効率的な搬出間伐を実施するためには、まず作業道が必要となります。そこで、森林にとって安全で、地域の方々にも喜ばれる道づくりとはどういうものなのか、試行錯誤をしながら、様々な活動を展開しています。

 久万林業

先生教えてください 集約化施業においての先進地、久万広域森林組合の方に講演に来ていただきました。集約化の方法、森林整備の現場管理の仕方などたくさんのことを学びました。

 高性能林業機械

ハーベスタによる積み込み

高性能林業機械の一つ、ハーベスタ。1台で、立木の伐採、枝払い、玉切り、集積までを行うことができます。西粟倉村では、こうした高性能林業機械が効率的な集約化施業を支えています。

 中学生下刈り体験

中学生の下刈り体験
かつて西粟倉村で毎年行われていた林業教育のひとつ、中学生の下刈り体験。それが今年度、数年ぶりに再開されました。慣れない鎌を手に最初はぎこちない動きをしていた彼らも、あっという間にコツをつかんで、みるみる下草を刈っていきました。

 作業道

作業道
最近開設した、とある作業道です。なるべく地形に沿って勾配を無くし、切土法面も低く抑えました。こういった作業道は、崩壊しにくいので、高性能林業機械も安心して走ることができ、森林管理に大いに活躍します。
作業道の工夫「洗い越し」

作業道では、谷に入り、ときには沢を渡って開設する場合があります。そんな時に有効なのが「洗い越し」という工法です。あらかじめ路面の上側を水が流れるように作業道を設置します。水の流れを止めずに自然な流れを作り出すことで、不要な路面の崩壊を防ぐことができます。
作業道の見学
さまざまな工夫を凝らしている作業道の良さを少しでもご理解いただくために、地域の方々向けの作業道見学ツアーを行いました。みなさん、思っていた以上に歩きやすく、森林内の様子が良く見えるので、その便利さに感心されていました。

 支障木

プロセッサー稼働中
地域の方に森林整備を知ってもらおうと企画している現地見学ツアー。その中での機械のデモンストレーションの様子です。作業道を開設した際には、多くの支障木が発生します。それらも大切な森林資源なので、この機械を利用して搬出できる状態に造材することが大切です。
支障木
搬出されるのを待っている木です。これらも必ずどこかへ販売され、間伐材商品になっていきます。

 美作東備森林組合土場

みんな間伐材
今年度から、山から搬出したすべての間伐材は、一旦森林組合の土場へ集積することとしました。ここで検寸を行い、さまざまな売り先に直接販売しています。木材にかかる諸経費をできるだけ軽減することで、以前より多くの利益を山主さんにお返しできるようになってきています。

 塩谷の雪景色

冬の醍醐味
西粟倉村は晴れの国岡山といっても県北に位置しているため、雪が降ります。林業が止まってしまうのは痛手となりますが、こうして空が晴れ渡った時の風景は、何ものにも代えがたいものがあります。





西粟倉村山林ページに戻る