西粟倉村山林
~ 西粟倉の未来を紡ぐ森林 ~

森林の概要

森林所在地:
岡山県英田郡西粟倉村
森林所有者:
西粟倉村
認定対象面積:
1,762 ha

森林の概要

沿革

 西粟倉村は岡山県の北東端に位置し、兵庫県、鳥取県と接する。中国山脈の南斜面に開かれた谷あいの山里である。村の中央を吉野川が流れ、川に沿って細長い平野部に農地と集落が広がる。人口は約1,600人。面積5,793ha。山地は30度を超す急斜面も見られるが、馬の背状のゆるやかな平坦面がところどころに残されていて、これらは断層運動による隆起以前の平原地形(隆起準平原)のなごりであると考えられている。この点わが国の山岳域と比べると比較的緩やかな地形が広がっている。
 19世紀後半ごろから智頭方面から伝来した技術によって植林が始まった。明治以降、木材が高値で取引されるようになったことから、村として積極的に植林に取り組んだ。村民もまたこれに呼応して私有林への植林が行われた。岡山県の助成もあり、県下有数の人工林率を誇る山村となった。村有林はほとんどが戦後植林されたヒノキ・スギと広葉樹二次林からなる。現在は、人工林の林齢構成が40~60年生に集中し、主伐できるところが限られ、利用間伐によって地元の市場・森林組合丸棒加工所などに森林組合等を通じて材を供給している。村の森林総面積に対する制限林率は高く、多くが水源涵養林に指定されている。村の人工林率は84%と岡山県で最も高く、その中でも村有林は村内林の約30%弱を占める。村有林は村の主産業としての林業と、木材生産機能以外の多くの公益的機能を支えている。
 戦時中の過伐に起因した山地崩壊、土砂流出による災害を受け、えん堤堰止を主とした治山事業にも取り組んでいる。なお、村内林にかかる法指定状況は、鳥取県及び兵庫県との県境である背梁山地一帯に氷ノ山後山那岐山国定公園が帯状に分布し、そのほか山地一帯が水源涵養保安林に属している。

森林と管理等の概要

 村内の森林面積は5,491ha。林野率は95%にもなる。5,491haのうち、村が直接管理を行う村有林は1,270ha。独立行政法人森林総合研究所森林農地整備センター(旧緑資源機構)、公社管理地、県行造林地を合わせた面積は1,447ha。61か所に散在し、人工林は1,108haである。
 村の産業として林業を基幹産業に位置付けており、平成17年の第一次作業就業人口のうち22%が林業就業者である。村有林の管理には主に森林組合が従事している。FSC森林認証を村有林及び私有林で取得しており、森林管理計画書に基づいた森林管理を行っている。

CO2吸収量クレジットの算定量

 10,165 t-CO2(5年度 確定)
 10,165 t-CO2(4年度 確定)
 10,165 t-CO2(3年度 確定)
 10,165 t-CO2(2年度 確定)
 10,165 t-CO2(初年度 確定)

概要説明

 人工林は1,355ha、天然林は362haである。
 人工林の内訳はスギ48%、ヒノキ48%であり、一部マツ林が残る。
 林齢構成は、戦後の拡大造林により、40年生~60年生が多くなっているが、80年を超す高齢林も少なからず残る。

生物多様性の評価

概要説明

 人工林率が高いことから、一様なスギ・ヒノキ林が多く、広葉樹林と針葉樹林の割合や配置が適切とは言い難い。ただし、風景的にはまとまった広葉樹林がモザイク的に配置され、景観レベルの多様性は比較的豊かである。また、一部の針葉樹林では強間伐による混交林化、複層林化の取り組みや、広葉樹植栽等も行われており、景観・環境の多様性づくりに努めている。 「西粟倉村における自然環境調査書」によると、村内では30科85種の鳥類の生息が確認されている。 村の一部が氷ノ山後山那岐山国定公園に指定されている。とくに若杉天然林は特別保護地区に指定されている。 村独自の基準としては、バッファーゾーン、尾根沿い及び急傾斜地を、土壌浸食の防止、生物多様性の確保のために保護地としている。

写真・地図

写真


  • 人工林率が高い

  • 着実に間伐が進められている

  • 葉量が確保されている

  • 切り株では年輪がそろっている

  • 作業道を作設し機械導入を推進

  • 高齢のスギ林も残る

  • 土壌はA層,A0層ともに発達

  • 村内の特別保護地区

森林位置図

認定期間

 2011.04.08 ~ 2016.04.07

認定取得者の公開情報

 西粟倉村役場ホームページ(http://ns.vill.nishiawakura.okayama.jp/) 別ウィンドウ

 森の学校(西粟倉村「百年の森林」)(http://nishiawakura-fan.jp/index.html) 別ウィンドウ


関連ニュース

2013/03/11
『日経新聞』に掲載されました。
“6次産業化 加工で雇用創出 巨大直売所や家具会社”[33面]
2012/07/12
『日経産業新聞』に掲載されました。
“森の学校と文祥堂 オフィス用品 新ブランド 岡山県産の木材を使用”[17面]
2012/07/11
『日経新聞Web刊』に記事が掲載されました。
“岡山の「西粟倉・森の学校」、地元木材でオフィス用品”
2012/07/11
『日経新聞 岡山版』に掲載されました。
“岡山の「西粟倉・森の学校」地元材でオフィス用品 首都圏企業と販売提携”

認定一覧表に戻る