一般社団法人フォレストック協会

認定森林

日本土地山林株式会社の管理森林

木造文化財を未来へつなぐ森

森林の概要

森林所在地
兵庫県朝来市佐嚢、兵庫県豊岡市万劫
森林所有者
日本土地山林株式会社
認定対象面積
1903.16ha

沿革

日本土地山林株式会社の設立は昭和6年である。原家が明治より植林を行い所有していた約1,500町歩の森林を社有林とした。翌年にも原家関連会社等より山林を購入し、現在の社有林の基盤が整えられた。昭和15年より主伐を開始し、山林の計画的な保護・育成を進め、地域の環境保全や地元の雇用創出にも長年に渡って貢献を続けている。

森林・管理等の概要

300年の超長伐期の森づくりを目指し、300年の森作りのために、除間伐を中心に作業を行い、林内環境を改善しながら大径材の生産を行う計画である。また、広葉樹については、その環境的・生態的特性を維持しながら、利用可能な部分については、炭を焼くために提供したり、レクリエーション利用の可能性を探ったりと、多面的な利用を検討している。

CO2吸収量クレジットの算定量

森林構成

生物多様性の評価

概要説明

成熟広葉樹林が原流域に広がり、低標高地帯の広葉樹林は人工林に介在してパッチ状に配置され観的に優れた多様性を有する豊かな自然域である。鳥類数は環境アセスメント調査において32種と報告され、イヌワシ等の猛禽類の生息も確認されている。成熟した広葉樹の適正配置がこれに寄与しているものと考えられる。

写真・地図

渓流沿いバッファゾーンは広葉樹林帯が維持。
渓流沿いバッファゾーンは広葉樹林帯が維持。
高標高には豊かなブナ林が発達。
高標高には豊かなブナ林が発達。
林木は通直で、下層まで光が届く明るい林内。
林木は通直で、下層まで光が届く明るい林内。
樹冠開放度は高く、下層まで光が届く。
樹冠開放度は高く、下層まで光が届く。
針葉樹林と広葉樹林がパッチ状に配置される。
針葉樹林と広葉樹林がパッチ状に配置される。
景観的に優れた多様性を有する。
景観的に優れた多様性を有する。
間伐前のヒノキ
間伐前のヒノキ
間伐後のスギ
間伐後のスギ

森林位置図

認定期間

2015.10.20 ~ 2020.10.19

フォレストック認定取得関連資料

2015/6/11
日本土地山林株式会社 森林のCO2 吸収・生物多様性調査報告書
2015/7/31
「森林のCO2吸収量と生物多様性レベルの認定」にかかる調査報告書の算定・評価結果に関する審査報告書
2016/10/11
定時モニタリング報告書

認定取得者の公開情報

日本土地山林株式会社