【森からの便り】2013年 春

 佐中千年屋のサクラ

佐中千年屋のサクラ
日本土地山林(株)の創立者である「原六郎(進藤俊三郎)」の生家である通称「千年家」では春になるとサクラや池に浮かぶ花筏を見学・撮影しに多くの方が訪れます。この日も広島ナンバーなど県外からの見学者が来られていました。

 自社山林で収穫したシイタケ

自社山林で収穫したシイタケ
自社山林を移動中見つけたシイタケです。収穫して食べてみると肉厚で食べ応えがありおいしかったです。その他自社山林ではタラの芽やキノコ類など魅力ある食材を多く採ることが出来ます。

 環境CSR活動

環境CSR活動
現在日林グループでは環境CSR活動に力を入れています。具体的にはFSCの規定をはじめとした法令遵守からミスプリント用紙の活用や節電などを行っています。またグループ間の情報の共有を図るために社内研修を開くこともあります。普段山林事業には関係ない方へ自社林の概要やFSC認証制度などについてレクチャーを行い、自分たちの会社の山に親しみをもってもらえるよう取り組んでいます。

 自社林追加

自社林追加
今年新たに自社林に隣接する山林(約42ha)を自社林として追加しました。森林経営計画もすでに立てているので今後間伐などの実施を予定しています。

 ツリークライミング体験会

ツリークライミング体験会
自社山林で希望者を対象にツリークライミング体験会を行った際の様子です。佐中山林の奥にはブナ・ミズナラなどの天然広葉樹林帯がありツリークライミングには適した環境だといえます。


 他事業体の見学

他事業体の見学
林業の機械化が進む昨今、自社のスイングヤーダ集材を見学しに地元の林業事業体の方が来られました。急傾斜地では作業道の開設には限りがあり架線を使用した集材方法を検討する方が増えてきているようです。


 FSC認証割り箸

FSC認証割り箸
この割り箸は、FSC認証を取得した自社山林の間伐材を利用してつくられた、つかえばつかうほど森が再生される、無漂白、無着色、防カビ剤無使用の割り箸です。この割り箸は今年5月から群馬県にある伊香保グリーン牧場(日本土地山林(株)の観光事業部)で使用されており、自社林のPRに大きく貢献しております。

 未利用資源の利用

未利用資源の利用
以前までは林内で放置されていた端材などの未利用資源を出来るだけ回収・利用するため、自社のトラックやフォワーダに乗るようなバッカンを作成し、チップとして利用可能な端材の回収に努めております。

 中学生の職場体験

中学生の職場体験
地元中学校のトライやる・ウィーク(職場体験)を受け入れ、中学生に測量・毎木調査・丸太運搬などに挑戦してもらいました。中学生に現場を見学してもらうと木の倒れる迫力やプロセッサの作業速度に目を見張って驚いていたことが印象的でした。



日本土地山林株式会社の森林ページに戻る