【森からの便り】2012年 夏・秋

 FSC

FSC年次監査
自社山林では年に一度FSCの年次監査を受けています。このスギ林は付近の天然スギの伏条枝を挿し穂とした挿し木した林分で審査員の方も興味深く視察しておられました。

FSC認証薪の販売
現在自社山林から搬出したミズナラやクリなどの広葉樹からFSC認証薪をつくり販売しています。最近は薪ストーブの普及に伴い販売量も少しずつですが増えてきています。

搬出された丸太を使いつくられた製品
山林は上記のようにFSC-FM/COC認証を取得しており、グループ会社の「日林マテリアル」ではCOC認証を取得しているのでFSC認証製品の流通が可能になっています。左の写真は搬出された丸太を使って作られた製品になります。

 シカ柵設置箇所

シカ柵設置箇所
この場所では10年ほど前からシカ柵を設置し、広葉樹を植栽し下刈りを行ってきました。シカ柵外では下層植生が少ないもののシカ柵内ではシカの侵入は防げており植栽した木も順調に成長し多様な植生が見てとれます。

 ツリークライミング体験会

ツリークライミング体験会
昨年自社山林内で希望者を対象にツリークライミングの体験会を開きました。今後も希望者を対象に体験会を開ければと考えています。


 インターンシップ受け入れ

インターンシップ受け入れ
昨年兵庫県を通して琉球大学農学部からインターンシップの受け入れの打診があり、9月上旬2名の学生を受け入れました。主に自社山林内での測量を中心に土場での選別作業や現場見学をしてもらいました。


 フォワーダIWAFUJI U-4BG導入

フォワーダIWAFUJI U-4BG導入
この写真は昨年9月に新たに導入したフォワーダ(IWAFUJI U-4BG)です。今まで運搬車への積込みはグラップルやユニックなどを使用していましたがこれからはこのフォワーダ一台で積込み運搬が可能になり作業の効率化が見込めるようになりました。

 山林風景

山林風景
ここでは当地方の緯度と高度でのブナ林は珍しく、保護林にも指定されています。またメグスリノキなどの貴重な動植物の存在が確認されているため、モニタリングなどの活動を通じ生物の多様性豊かな山林づくりを行っています。

 山林内にある滝

山林内にある滝
近年シカ害によって林内の下層植生の成長が低迷していますがこの場所ではシカの侵入がないこともありイワウチワやヒメサジランなど貴重な植物が分布しています。



日本土地山林株式会社の森林ページに戻る