【森からの便り】2011年 夏・秋

 由布岳が見える多様な森

遠景
マルマタ林業の湯布院の森を紹介します。
この森は大分県由布市湯布院町に位置し、約120haの森林があります。遠くには由布岳を眺める事が出来ます。
山の近くの田んぼ
近くの集落でできるお米はとても美味しく、夏の田んぼと山が重なってとても綺麗です。
谷川の水
夏の暑いなか、水の流れるそばに行くとひんやりとした気持ちのよい空気が流れています。

 植生調査

新しい森づくり
この一部分の1haは平成3年に台風被害を受けました。その後、倒木を整理し、植林は行わず、どのような植生が出てくるのかを経過観察を行っている場所にしておりました。
クヌギの林
クヌギの林は、シイタケを栽培するのに使われます。「売りませんか?」とよく問い合わせがあるのですが、クヌギ林があまり無い事、社内の皆が今のクヌギ林の雰囲気が好きなのでそのままにしています。

 間伐作業

選木
境周りの印がスギに付けてあります。間伐する前に切る木に印をつける選木作業を行いました。
伐採搬出
ここでは、チェーンソー・グラップル・林内作業者を使って、丸太を生産しています。
伐採作業前には
新しい現場に入る時には、いつも塩とお酒をお供えします。

スーパーロングリーチマン
企業の方が下刈りを体験しにこられました。本当は坪刈りで良かったのですが、あまりの面白さに全刈りになりました。作業を終えた後には汗だくでしたが、爽快感を感じていただけたようです。スギもすっきりした気分でしょう。

 豊かな自然

フユイチゴ
10月になり、赤い実が少し出てきました。もうすぐ沢山のフユイチゴが出てきます。
おや!
おや!見慣れないキノコがありました。ウスキキヌガサダケとの事です。来年も見る事ができると嬉しいです。
ムラサキシキブ
ムラサキシキブが綺麗な実をつけていました。

蜂の巣の跡
蜂の巣の跡
サンショウ
サンショウ
キツツキの巣
杉の枯れた立木にキツツキの作った巣がありました。
イノシシの足跡
イノシシの足跡がありました。
冬が近づいてきたので歩き回っているようです。
紅葉も終わりに近づき、葉っぱも落ちて少し寂しい感じですが、また春にはたくさんの葉っぱと生き物が元気に動き回る事と思います。また報告します。




マルマタ林業(株)社有林 ページに戻る